プロモーション

社会学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 社会学部のアドミッションポリシーを確認しよう

社会学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 社会学部のアドミッションポリシーを確認しよう 総合選抜型入試(旧AO)
この記事は約5分で読めます。
プロモーション
プロモーション

社会学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

社会学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

社会学部から拓ける進路を考える際に、社会学部でどのような学びを経験できるのかを知っておくべきです。

「社会学部での学び」と「アドミッションポリシー」を確認していきましょう。

社会学部では何を学ぶのか|社会学部の範疇に属すもの

  • 心理学
  • 統計学
  • 人類学
  • メディア論
  • 社会問題
  • 福祉

心理学

心理学は、英語ではサイコロジー(Psychology) ですが、サイコは「心」をあらわし、ロジーは学問とか科学・法則を示します。ですので、心理学を「心の科学」ととらえるのが妥当ですが、では「心」とは何かと 考えると、とても深く広い問題になります。心のはたらきのあらわれとしての「行動」も心理学の対象となるし、意識することができない心の側面である無意識も心理学の対象となります。

心理学に興味のある方,日本心理学会

心理学といっても、その分野は多岐に渡ります。

社会学では特に、家族や組織、恋人関係など、ある社会的枠組みにおける人々の心理を扱います。

統計学

統計学とは、ある程度以上の数のバラツキのあるデータの性質を調べたり、大きなデータ(母集団)から一部を抜き取って、その抜き取ったデータ(標本)の性質を調べることで、元の大きなデータの性質を推測したりするための方法論を体系化したものです。

統計学とは,データ分析基礎知識

「社会」というある意味での母集団を研究対象とする場合、その調査の過程において、統計学的な作業は非常に有効です。

社会問題を扱うとき、どうしても、珍しくセンシティブな事例に目を向けてしまいがちです。

しかし、統計学を用いることで、社会の大局を把握することができます。

人類学

 人類学は,「生物としてのヒト」を総合的に研究する学問で,ヒトとは何かを科学的に偏りなく理解し,実証的で妥当性のある人間観を確立することを目標としています。

日本人類学会

人間を生物学的に呼称すると「ヒト」になります。

生物学的な「ヒト」を扱うことで、社会における「人間」の本能的な側面を学問することが可能となります。

また人類学も「自然人類学」と「文化人類学」に大別でき、人間を「ヒト」として扱うのは「自然人類学」の方です。

メディア論

メディア研究(英語: media studies)は、様々なメディア (媒体)、とくにマスメディアについて、そのコンテンツ(情報内容)、歴史、効果などを取り扱う研究分野である。メディア研究は、社会科学と人文学の両方の伝統を引いているが、おおむね、マスコミュニケーション、コミュニケーションに関する諸学、コミュニケーション科学 (communication sciences)、コミュニケーション学(communication studies) などが源となっている。

メディア研究,Wikipedia

「世論」という言葉が注目される昨今、社会を研究対象とするなら、メディアの影響を無視することはできないでしょう。

またインターネットにおける世論形成もまた、メディア論の範疇です。

社会問題

社会学など社会科学の分野では、社会問題について、客観的な定義にもとづいて分析しようとする立場がある。たとえば、その社会の人々の一部、または全員の「幸福」を毀損している(と判断しうる)事象を見つけだし、社会にとってそれは有害だと定義づけ、これを基準に社会を観察し、該当するものに社会問題A、B、C…と名づけていく。

赤川学,「社会問題の社会学」とはなにか――「構築主義1.0」から「構築主義2.0」へ

人種やエスニシティ、ジェンダーセクシュアリティ、児童や動物に対する虐待をはじめとする逸脱行為など、

「社会問題」という言葉は、非常に幅広いトピックを包括しています。

福祉

社会福祉には高齢者や障がい者への支援から、育児支援や生活困窮者への支援なども含まれる。社会福祉学の役割は、広く人々の生活にかかわる問題を発見・分析し、具体的な解決指針を提示することだといえる。これからの日本社会を支えるうえで必要不可欠な学問分野となる。

河合塾Kei-Net

社会福祉とは、簡単に言えば社会の構成員である人々への支援一般を指します。

社会学は、そんな社会福祉も学問の対象としています。

社会学部では何を学ぶのか|早稲田大学のアドミッションポリシーとまとめ

社会学部では何を学ぶのか|早稲田大学のアドミッションポリシーとまとめ

早稲田大学 社会学部のアドミッションポリシー

豊かな人間性(自己内で対話する力、忍耐力、道徳、他者との共感的理解、多様性や新しい考えに開かれた態度、自立的活動力)、確かな学力(広く深い社会への知的な関心・想像力・探究心、論理的思考力、それらを支える確かな言語・数量・情報の知識と技能)、および実践力(課外活動の経験による自己管理、自己修正、チームワーク、困難な課題に立ち向かう勇気、やり遂げる力)において優れた個人の資質、活動実績のある者を幅広く日本国内および世界より求める。

教育理念,早稲田大学 社会学部

上記の早稲田大学のアドミッションポリシーからもわかる様に、社会学部は、

社会への深い関心はもちろん、研究等の活動を達成するのに必要な問題解決能力や論理的思考など、様々な素養を持っている人を期待しています。

社会学部では何を学ぶのか|まとめ

ここまで、社会学部で学ぶことができる分野をご紹介してきました。

社会学は、社会という大きな枠組みの中で発生する様々な事象をテーマとしており、心理学から統計学まで、学際的に学ぶことができる魅力的な学問です。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました