プロモーション

オンライン家庭教師の個人契約は安さが魅力!不安なら低価格な良社を探そう!

この記事は約5分で読めます。
プロモーション

オンライン家庭教師なら、パソコン1台さえあればどこからでも授業が可能です。

そのため、従来の家庭教師・塾よりも柔軟に教育サービスを提供できるようになりました。

また、校舎を構える必要がないため、オンライン家庭教師サービスを提供する新たな企業や、個人で生徒を募集する先生方も増えてきました。

今回は、その中でもオンライン家庭教師の「個人契約」について、そのメリットや契約時の注意点を、

実際に個人でオンライン家庭教師サービスを提供している筆者が、サービス提供者の目線からお伝えします。

また、「どうしても個人契約への心配が拭いきれない…」

という方に向けて、個人契約に匹敵するほどリーズナブルなオンライン家庭教師サービスもご紹介します。

プロモーション

オンライン家庭教師の個人契約はメリットが大きい

私は、当サイトで「かんむりオンライン家庭教師」という個人契約サービスを提供しています。

しかし今日、「家庭教師のトライ」「オンライン家庭教師のメガスタ」「オンライン家庭教師のWam」をはじめとする有名どころが既にその名を轟かせています。

にも関わらず、私が「自分で個人で始めよう」「きちんと説明すれば個人契約の良さが伝わる」と考えたのにはワケがあります。

そのワケこそが「個人契約のメリット」です。

主なメリットは「安さ」と「先生の品質保持」の2つです。

個人契約のメリット①は「安さ」

個人契約には確かな「安さ」があります。

個人でオンライン家庭教師サービスを提供する場合、生徒さんが支払う料金は直接先生方に届きます。

しかし、企業によるオンライン家庭教師サービスでは、生徒と先生をマッチングするための仲介手数料など、いわゆる「マージン」がその料金に上乗せされます。

この事実は、生徒が支払う月々の授業料当該サービスのアルバイト時給を比較すれば明らかでしょう。

「マージン」の存在をどのように捉えるかによって、「企業」か「個人契約」どちらを選択するのか、意見が別れるところでしょう。

個人契約のメリット②は「先生の品質保持」

個人契約に見落とされがちなのが「先生の品質保持」です。

「先生の品質保持」とは、企業でも個人契約でも、授業を行う先生が一個人であることに変わりはないということを意味します。

それが学生講師なら尚更でしょう。

多くの企業によるオンライン家庭教師サービスで採用されている「講師変更」というオプションの存在は、

個人契約における「先生の品質保持」という事実を裏付けているとも受け取れます。

オンライン家庭教師の個人契約で不安なこと

「安さ」と「先生の品質保持」という2つのメリットをご紹介しました。

しかし、個人契約に対して不安要素があることも、私は十分承知しているつもりです。

やはり、一番大きな不安は「契約そのものへの不安」でしょう

今回は上記の不安について、個人契約のサービス提供者の目線で考えていきます。

オンライン家庭教師の個人契約|個人契約が不安なのは提供者にとっても同じ

「契約そのものが不安」

そう考える方はきっと、たくさんいらっしゃることでしょう。

しかし、契約そのものへの不安は、サービス提供者の個人も感じています。

仲介企業を通さず、個人で契約を持ちかけるわけですから、サービス提供者の私としても

「お金はちゃんと払ってもらえるかな?」「トラブルは起きないかな?」といった不安は常につきまといます。

契約には、必ず2人以上の当事者が関わります。

両者ともに不安を抱えるというのは、当然のことでしょう。

しかし、個人契約サービスを提供している先生方の中には、契約書を用意している方もいらっしゃいます。

例えば、かんむりオンライン家庭教師では上画像のような契約書を事前公開しています。

また、かんむりオンライン家庭教師における「Q&Aページ」など、

生徒さんが感じている「契約そのものへの不安」を解消するための取り組みを行う先生方も多くいらっしゃいます。

契約に伴うサービス提供者側の不安や、上記のような取り組みなど、

色々な点を考慮した上で、生徒さんが納得できる選択をしてみてはいかがでしょう。

オンライン家庭教師は個人契約でなくてもリーズナブルな良社はたくさん!

それでもやはり「個人契約は心配…」と感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ「個人契約に近い低価格帯で、ちゃんとしたところはないかな」と思いますよね。

そんな方には、まだまだ知名度の低い、新興のオンライン家庭教師サービスを提供する事業者を探すことをお勧めします。

冒頭でも述べたように、オンライン家庭教師はパソコン一台さえあればどこからでも授業ができます。

オンライン家庭教師は、運営に必要な固定費用が少ないため、事業開始が容易であるという側面があります。

そのため、知名度は低いものの、個人契約と同じように「安さ」と「先生の品質保持」を達成している新興事業者がたくさん存在しているのです。

「個人契約は心配、でも低価格だと嬉しい!」という生徒さんは、そのような「リーズナブルな良社」を利用するのも一つの作戦であると言えるでしょう。

「リーズナブルな良社」はこちらの記事で紹介しています。

こちらもぜひ!

かんむりオンライン家庭教師
「間に合わない」と諦める前に。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
trackback

[…] 個人契約の不安を解消! […]

タイトルとURLをコピーしました