【オンラインチェック】利用規約

オンラインチェック利用規約

この利用規約(以下「本規約」)は、このウェブサイト上で中村健作(以下「提供者」)が提供するサービス(名称:オンラインチェック)(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用者様(以下「ユーザー」)には、本規約に従って本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約はユーザーと提供者との間の本サービス利用に関わる全ての関係に適用されるものとします。なお、本規約のユーザーが未成年者であった場合、その親権者様もこのユーザーに含まれるものとします。

第2条(利用規約への同意)
ユーザーは本規約をよく読み、全ての内容に同意しない場合は本サービスへ申込むことができません。また、申込みをもって全ての内容に同意したものとみなします。

第3条(契約の成立)
ユーザーが本サービスの申込フォームに必要な情報を入力し、当該情報が提供者に到達した時点で契約が成立するものとします。

第4条(本サービスの内容)
本サービスは、総合型選抜入試・推薦入試等の大学入学試験に向けた対策をするため、ユーザーが制作した志望理由書・小論文等の制作物(以下「制作物」)を提供者が添削するサービスです。その内容とサービス提供の流れは次の通りです。

【志望理由書・小論文の添削】
1. ユーザーは、契約が成立し、かつ決済が完了した場合、提供者に制作物を提出することができます。なお、提出方法は提供者が指定するものとします。
2. 提供者は、制作物を添削し、当該制作物にコメントを付記した上でユーザーへお送りします。
3. お送りした時点をもって役務の提供が終了します。

なお、ユーザーが利用するサービスが、複数回にわたり添削を受けることを内容とするものである場合、ユーザーはその後も残りの回数、添削を受けることが可能です。

第5条(利用料金および支払方法)
本サービス利用にあたりユーザーが支払う利用料金は、別途本サービスウェブサイトに掲載します。
また、支払い方法はクレジットカードのみとし、その他支払い方法の詳細は本ウェブサイトに掲載するものとします。

第6条(役務提供の開始時期)
提供者は、契約の成立後ユーザーから利用料金の支払いを提供者側にて確認した時点をもって役務提供の義務が発生します。

第7条
本サービスは、総合型選抜入試・推薦入試等の大学入学試験に向けたサービスです。ただし、提供者はユーザーの合格、その他一切の担保をするものではありません。

第8条
提供者は、進路指導等の目的で利用者に対し大学案内イベント、その他のイベントを提案する場合があります。ただし、利用者がそれらに参加した際に生じた一切のトラブル・損害に対して提供者は一切の責任を負いません。

第9条
本サービスを通して提供者がユーザーに対して行った助言に従った結果、ユーザーに対し何らかのトラブル・損害が発生した場合でも、提供者は一切の責任を負いません。

第10条
ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用するにあたって知り得た一切の情報・ノウハウを第三者に漏洩または提供することはできません。

第11条
提供者は、役務提供終了後であっても、ユーザーに対して本サービス利用のアンケート・感想・レポート・合格体験記等の提出をお願いする場合があります。

第12条
提供者は、ユーザーから提出があった制作物を、ユーザーの個人情報を隠した状態で提供者のサービス向上の目的で使用することがあります。また、同様にユーザーの個人情報を隠した状態で本サービスホームページや広告等に使用する場合があります。

第13条
本サービスの役務提供にあたり、提供者が行った添削・コメントの付記等についての著作権をはじめとする一切の知的財産権は提供者に帰属します。

第14条
提供者は、ユーザーの個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条に規定、以下同様とします)について、役務提供期間及びその終了後にあっても、第三者へ漏洩がないよう善良な管理者の注意をもって管理・利用するものとします。

第15条
提供者は、本契約に際して得た個人情報に関しては、原則として以下の目的にのみ利用することができるものとします。
・本契約に基づく役務提供のため
・利用料金等の管理・在籍管理・進路指導管理等、本契約に基づく役務提供に伴う業務のため
・ユーザーに対するサービス、商品の紹介のため
・合格者一覧等の作成、統計資料の作成等、企画開発・企画改善のため

第16条
ユーザーは契約成立をもって、提供者から各種案内のメールを送付することに同意したものとします。メールの配信を希望しない場合は、その旨を提供者までご連絡ください。

第17条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
・法令または公序良俗に違反する行為
・犯罪行為に関連する行為
・提供者が管理するサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
・提供者のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
・他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
・他のユーザーに成りすます行為
・提供者のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
・提供者と競合関係にある企業の役員、従業員、その他の関係者が利用する行為
・提供者が行った添削の内容等を第三者に公開・提供する行為
・提供者が有する知的財産権を第三者に公開し、または譲渡する行為
・その他、提供者が不適切と判断する行為

第18条(本サービスの提供停止・中断)
提供者は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全てまたは一部の提供を停止または中断することができるものとします。
 
・本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
・地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
・コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
・その他、提供者が本サービスの提供が困難と判断した場合

提供者は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第19条(解約・返品)
法で別の定めをする場合を除き、契約成立後の全てまたは一部の解約はできません。また、本サービスの役務提供終了後、本サービスの質や量を理由とした追完の請求には応じかねます。

第20条(免責事項)
提供者の債務不履行責任は、提供者の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
提供者は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
提供者は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第21条(第三者委託)
提供者は、ユーザーの承諾なく本サービスの役務提供を第三者へ委託することができるものとします。ただし、提供者は委託先の第三者を管理監督するものとします。なお、委託先の第三者の故意又は過失により、損害が発生した場合、提供者に管理監督上の重過失がなければ、提供者はその責任を負いません。

第22条(サービス内容の変更等)
提供者は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について提供者は一切の責任を負いません。

第23条(利用規約の変更)
提供者は、必要と判断した場合、本規約を変更することができるものとします。なお、本規約を変更した時点からその効力を有するものとし、この場合、当社は遅滞なくユーザーへ通知するものとします。

第24条(通知または連絡)
ユーザーと提供者との間の通知または連絡は、提供者の定める方法によって行うものとします。

第25条(契約の解釈)
提供者及ユーザーは、本契約を信義誠実の原則に基づいて履行するものとする。本契約に定めのない事項又は各条項の事項につき解釈上の疑義が生じた場合、関係諸法令及び信義誠実の原則に基づき協議し、決定するものとする。

第26条(プライバシーポリシー)
本サービスのプライバシーポリシーは、本サービスホームページのプライバシーポリシーに基づきます。詳細は、本サービスホームページよりご確認ください。

第27条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは、提供者の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第28条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本契約に関する一切の紛争(裁判所の調停手続きを含む)は、千葉簡易裁判所または千葉地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

タイトルとURLをコピーしました