プロモーション

文学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 文学部のアドミッションポリシーを確認しよう

文学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 文学部のアドミッションポリシーを確認しよう 総合選抜型入試(旧AO)
この記事は約4分で読めます。
プロモーション
プロモーション

文学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

文学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

文学部から拓ける進路を考える際に、文学部でどのような学びを経験できるのかを知っておくべきです。

「文学部での学び」と「アドミッションポリシー」を確認していきましょう。

文学部では何を学ぶのか|文学部の範疇に属すもの

  • 文学
  • 哲学
  • 歴史学
  • 教育学
  • 宗教学
  • 地理学

文学

文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。

文学,Wikipedia

文学と一口にいっても、世界各国、各地域に文学作品が存在しており、その内容や背景は様々です。

時間的、空間的に多様な文学作品を学ぶことができるのは文学部の魅力です。

哲学

哲学は「本質」を洞察することで、その問題を解き明かすための「考え方」を見出す営みだ。2500年の歴史を持つ哲学は、できるだけ誰もが納得できるような考えに到達するための、力強いさまざまな思考法に満ちている。

苫野一徳 ,第1回 哲学ってなんだ?,webちくま

文学作品の中には、哲学的な視点から描かれた作品もたくさんあります。

それでなくとも、文学作品を読み解くのに哲学的な思考は不可欠でしょう。

歴史学

歴史学は、人類の生み出した文化や社会の諸相を、変化・発展という時間軸に沿って研究し、それによって今日の人類が抱える諸問題を認識し、解決するために貢献しようする学問です。

コース紹介,千葉大学,文学部

歴史は、口伝であれ文書であれ、主に言語によって脈々と伝えられてきました。

その意味で、歴史学もまた文学部の学びの範疇なのです。

教育学

教育学とは、人間をその成長と発達の可能性にもとづいて捉えようとする学問です。

教育学コース,早稲田大学

文学部の中には、教育学コースや教育学科が設置されている場合もあります。

文学と教育学の橋渡しとなるのは、やはり哲学的思考でしょう。

宗教学

宗教現象を客観的、批判的に研究し、特定の宗教でなく、宗教一般の本質を明らかにすることを究極の目的とする学問の総称。客観的というのは、特定の信仰を前提として、その護持を図ることを目的としないということであり、批判的とは、攻撃的ということではなく、宗教の根拠、本質を資料と論理によって把握するということである。

宗教学とは,コトバンク

文学作品の中には、特定の宗教に影響を受けて作られたものもたくさん存在します。

それら文学作品を読み解くためにも、文学において宗教学の学びは不可欠です。

地理学

地理学はじつは文系でも理系でもありません。あえて言えば、人文科学・社会科学・自然科学にまたがる総合的な科学です。

地理学科の内容,法政大学

地理学の範囲は非常に広く、

理科科目として有名な地形や気候を学ぶ自然地理学と、経済や歴史、社会などを地理の視点から研究する人文地理学に大分できます。

文学部では何を学ぶのか|九州大学のアドミッションポリシーとまとめ

文学部では何を学ぶのか|九州大学のアドミッションポリシーとまとめ

九州大学 文学部のアドミッションポリシー

文学部では、自ら問題を見出し、筋道を立てて思考し、精確に表現できる学生の育成を目指しています。そのためには、自らの足で歩き、目で見、手で触れ、他の人々と対話しつつ自らの考えを発展させていく姿勢が大切です。それゆえ、文学部で学ぼうとする者は、何よりも次の三つの資質を備えていることが望まれます。

1.言葉への強い興味。とりわけ、文学作品や古典に対する感受性
2.人間への飽くなき好奇心と、「私とは何か?」という真摯な問いかけ
3.文化・歴史・社会といった、世界の多様性への開かれた関心

文学部,アドミッションポリシー,九州大学

上記の九州大学のアドミッションポリシーからもわかる様に、文学部は、

文学に対する興味や感受性、好奇心があり、また文学作品に留まらない、多様な文化への強い関心を持っている人を期待しています。

文学部では何を学ぶのか|まとめ

ここまで、文学部で学ぶことができる分野をご紹介してきました。

文学作品の中には、非常に多様な題材を、学際的に扱っている作品も多くあります。

様々な分野を幅広く学ぶためのきっかけが豊富である点において、文学は非常に魅力的な学問です。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました