プロモーション

【法学部の就職先】主要私大のデータで比較!法学部の資格もピックアップ

【法学部の就職先】主要私大のデータで比較!法学部の資格もピックアップ 進路
この記事は約3分で読めます。
プロモーション
プロモーション

法学部の就職先|私大法学部の概略

法学部の就職先|私大法学部の概略

法学部の就職先に見られる特徴をかんたんにまとめ見てみました。

  • 法学部の就職先は比較的偏りが少ない
  • 割合トップは金融・保険業界
  • 教育・公務の割合がかなり高い

ぜひ、上記3点を念頭に置いて読み進めてみてください。

法学部の就職先|業種でみる法学部生の就職先

今回、法学部生の就職先を分析するにあたって参考にしたのは下記の大学(学部)です。

  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 上智大学
  • 学習院大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学

法学部の就職先データ例1(早稲田・慶應・上智)

法学部の就職先データ例1(早稲田・慶應・上智)

例1 早稲田・慶應・上智

法学部の就職先トップ3の業種

1位…金融・保険 
2位…サービス業 
    3位…情報・通信・マスコミ

2020年度 早稲田大学進路状況
就職関連情報 慶應義塾大学
刊行物・就職(内定先)統計 上智大学

例1の場合)金融・保険 業界への就職割合が高い

法学部の「金融・保険」業界への就職割合は非常に高く、他業種のパーセンテージと比べてもその差は歴然です。

「金融・保険」業界への就職割合が高いことで有名な早稲田・慶應ですが、法学部も例外では無く、法学部からこの業界へ進む学生の割合は非常に高くなっています。

例1の場合)経済・商 学部に比べると教育・公務員の割合も高め

就職先の割合がトップ3の業種と比べると「教育・公務員」の10%という数値は低く感じてしまいますが、

法学部は他学部と比べると、比較的「教育・公務員」への就職割合が高い学部です。

法学部の就職先データ例2(群:GMARCH)

法学部の就職先データ例2(群:GMARCH)

例2 GMARCH

法学部の就職先トップ3の業種

1位タイ…金融・保険  
    教育・公務員
   3位タイ…情報・通信・マスコミ
   サービス業

就職先 2020年度版 学習院大学
業種別就職状況 明治大学
就職決定者数【業種別】青山学院大学
就職・進学データ 立教大学
進路・就職データ2020年度 中央大学

例2の場合)他学部に比べて業種別割合の偏りがない

例2の場合、他学部と比べてもトップ3の業種に大きな特徴は見られないものの、数値の偏りはほとんど見られません。

法学部の就職先は非常に幅広く、これは法学部の特徴であると言えるでしょう。

例2の場合)法学部は教育・公務員への就職割合が高い

多様な業種に幅広く就職している法学部ですが、中でも「教育・公務員」への就職割合はかなり高い数値を示しています。

多くの文系学部で大きいな割合を占めている「金融・保険」と「教育・公務員」が同じ割合となっているのは、法学部だけに見られる特徴です。

法学部の就職先は経済学部と似ている

法学部の就職先は経済学部と似ている

経済学部の就職先トップ3の業種は「情報・通信・マスコミ」「金融・保険」「サービス業」となっており、

多少の順位の違いはあるものの、法学部のそれとかなり似通っています。

法学部と経済学部の比較において、最も大きな違いは「教育・公務員」です。

上図での比較では、法学部の「教育・公務員」への就職割合は経済学部の2倍ほどになっています。

法学部の就職先|資格から考える進路選択

法学部の就職先|資格から考える進路選択

法学部の学びと関連のある資格をピックアップしました。

但しここでは、教員免許や司書など、幅広い学部・学問分野が対応している資格は省いています。

法学関連の国家資格

法学部の場合、当然ですが法律関係の資格が中心となります。そのせいか、ほとんど全ての資格が「国家資格」となっています。

  • 法曹資格
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 司法書士 
  • 宅地物件取引士
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 通関士
  • 不動産鑑定士 
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました