プロモーション

英語の模試を復習しよう【過去問にも使える】安心するための分析術

英語の模試を復習しよう【過去問にも使える】安心するための分析術 英語過去問
この記事は約6分で読めます。
プロモーション

この記事では、まず英語の模試や過去問ができなかった原因とその対策。

そして次に、分析後にするべきことをお話しします。

英語の勉強法について調べている方はこちらもチェック

プロモーション

英語の模試を復習|できなかった理由は必ず2つにひとつ

英語の模試を復習|できなかった理由は必ず2つにひとつ

結果の分析、そしてその後の勉強のためには、できなかった原因を見極めることが大切です。

英語の模試や過去問ができなかった理由は、必ずといってよいほど下記のどちらかに当てはまります。

  1. 実力が足りていなかった
  2. 問題形式に対する「慣れ」が無かった

英語の模試を復習|できなかった理由を見極める方法

上記の理由のどちらが原因で、今回の模試のような結果になったのかを見極めることができれば、

次回に向けて対策が可能になるでしょう。

ここからは、自分の原因が1か2かを見極める方法と、それぞれの対策法を考えていきましょう。

英語の模試を復習|実力が足りていなかったという人の特徴

英語の模試を復習|実力が足りていなかったという人の特徴

まずは実力が足りていなかったという人の特徴を見ていきましょう。

以下の特徴に心当たりがある方は、実力不足を疑ってみても良いかもしれません。

  1. 知らない単語が多かった
  2. 1つも正解してない記号選択設問があった
  3. 内容把握問題ができなかった

知らない単語が多かった

「知らない単語がどれだけあるか」というのは模試や過去問との実力差を測る上で重要な指標となり得ます。

基本的に単語を知識として入れる方法は「単語帳」と「勉強で解いた問題から」のピックアップの2つです。

単語の知識量で遅れをとっていることは、勉強不足とイコールだと捉えてよいでしょう。

知らない単語が多かったという方は、単語帳と長文読解の練習をコツコツと積んでいきましょう。

1つも正解してない記号選択設問があった

1つも正解してない記号選択設問があった

「1つも正解していな記号設問があった」という方も実力不足を疑うべきでしょう。

しかし注意するのは、全て解答したうえで全問不正解だった場合のみです。

「時間が足らなかったために無回答で全問不正解」というのは、取り組んでいないだけなのでこの特徴には当てはまりません。

全て解いた上で全問不正解というのは完全な実力不足でしょう。

内容把握問題が全然できなかった

内容把握問題が全然できなかったという方も要注意です。

しかし注意したいのはこちらも読んで解いた上でできなかったという場合のみです。

なぜかと言うと、次の「慣れ」についての見出しで詳しく言及しますが、問題形式のせいで内容把握がおろそかになってしまうことがあるからです。

英語の模試を復習|問題形式への「慣れ」が無かった人の特徴

英語の模試を復習|問題形式への「慣れ」が無かった人の特徴

次に問題に対する「慣れ」が無かったという方の特徴を見ていきましょう。

その前に、「慣れ」について考えるにあたって知っておかなければならないことが1つあります。

それは英語の問題の難易度を上げるには2種類のアプローチがあるということです。

そのアプローチとは具体的に以下の2種類です。

  • やりづらくして難しくする
  • 単純に難しくする

つまり、解いた問題がどちらの種類なのかによって対策が変わってきます。

そして「やりづらくして難しくする」というアプローチで作られた問題ができなかったという方は「慣れ」が足りなかったと考えられます。

ここから「慣れ」が足りなかった方の特徴をご紹介していきます。

  1. 時間が足りなかったがぼちぼち正解している
  2. 何から解いたらいいか分からなくなった
  3. 設問を何度も何度も見てしまった

時間が足りなかったがぼちぼち正解している

時間が足りなかったという方に多いミスは、「各設問に対する引き際がわからなくなってしまった」というものです。

基本的に、要領よく進めていくためには各設問に対する引き際が重要となります

しかしやりづらい問題だと、設問の難易度自体が高いわけではないので「なんか行けそうな気がする」という思いに駆られてしまいがちです。

その結果1問ごとに拘りすぎてしまい時間が足りなくなるのです。

解いた問題はぼちぼち正解していて、手が回らなかったところが点数の足を引っ張っているとしたら、

それは英語の学力不足ではなく、慣れが足りなかっただけかもしれません。

何から解いたらいいか分からなくなった

何から解いたらいいか分からなくなった

「何から解いたらいいかわからなくなってしまった」という方も、

ただ慣れていなかっただけかもしれません。

やりづらい問題の典型的な例は、

「1つの長文がありその長文の上で文法やら読解やらの問題が出される」

こういった形式は読んでいると(ア)や(い)などの記号がたくさん出てきますよね。

その1つ1つに問いがあるのでいちいち注意を反らされてしまい、読解どころではなくなってしまうのです。

「どこに何の問いがあって、どれが何の問いで、内容把握問題のところはどこらへんだっけ?」

このように整理がつかず、何から手をつければよいか分からなくなってしまうのは慣れが足りなかっただけではないでしょうか。

設問を何度も何度も見てしまった

「設問を何度も何度も見てしまう」という行動をしてしまうのも、同じくやりづらい問題に慣れていないことが原因でしょう。

「どこに何の問いがあって、どれが何の問いで、内容把握問題のところはどこらへんだっけ?」

このような状況に陥ってしまい設問を何度も見返してしまうのです。

設問を何度も見てしまうのは、やはり「慣れ」が無いことに原因があるのです。

英語の模試を復習|模試や過去問が悲しい点数だった時にするべきこと

英語の模試を復習|模試や過去問が悲しい点数だった時にするべきこと

ここまで、模試や過去問ができなかった原因について考えてきました。

ここからは模試や過去問ができなかったとき、次に起こすべきアクションを見ていきましょう。

  1. その過去問で点をとれるように対策する
  2. 自分のやりやすい問題の大学を探してみる

英語の模試を復習しよう|①その問題形式でに慣れるために演習

やりにくい問題を時間内に処理するためには、相応の練習が必要です。

マーク式の模試であればセンター過去問、記述式であれば私大過去問、

といった風に、対応するものを選んで、少なくとも一週間に一度は解くようにするのが良いでしょう。

英語の模試を復習しよう|②自分がやりやすい問題形式の大学を探してみる

英語の模試を復習しよう|②自分がやりやすい問題形式の大学を探してみる

過去問の場合、解いた大学自体に憧れがあるわけでは無いのならば、

自分がやりやすい問題形式の大学を探すのも良いでしょう。

そしてやりやすい形式の問題を見つけるコツは、あえて大学のレベルを上げることです。

例えば、明治辺りの問題を解いていてやりづらさを感じた場合は、

敢えて早慶レベルの問題に手を出してみましょう。

早慶レベルの問題は「ここは文法」「ここは読解」という風に設問が整理されている場合が多く、

人によっては取り組みやすいかもしれません。

敢えて大学のレベルを上に変えることで自分に合う過去問を探してみましょう

英語の模試を復習|過去問にも使える分析術のまとめ

英語の模試や過去問ができなかった理由をまずは見極めましょう。

〜過去問ができなかった理由は2つにひとつ〜

  1. 実力が足りていなかった
  2. 問題形式に対する「慣れ」が無かった

そして次に、下記の2種類のアクションを起こしてみましょう。

  1. その形式の過去問で演習
  2. 自分のやりやすい問題の大学を探してみる

英語の模試や過去問の結果が悲しい点数だったという方は、ぜひ試してみてくださいね。

参考書を買う前には↓をチェック!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました