プロモーション

大学受験ディアロ 2つの対話式コースの内容とは?

個別指導
この記事は約7分で読めます。
プロモーション

大学受験ディアロは栄光ゼミナールとZ会がタッグを組んで2016年に設立された、
比較的新しい大学受験専門塾です。
ディアロの概要についてのより詳しい情報はこちら☟

*この記事では料金はわかりません。詳しくは上記のホームページをご覧ください。
 (料金に関する正確な情報はいずれにしても最寄り塾への問い合わせが必要です)

プロモーション

ディアロはどんな人におすすめ?(読み飛ばしOK)

大学受験ディアロの特徴はズバリ「対話式コース」

対話を通して行われる下記の3つのコースでは
「読む・聞く・書く・話す」の4技能を鍛えることができます。

特に「話す」スキルは向上が見込めます。

特徴的な学習スタイルのコースであるため
言ってしまうと普通の、一般的なペーパー試験制度の入試を考えている方には必要ありません。

逆に言えばAO入試などの
「コミュニケーション能力」が求められる入試制度を考えている方にとっては
ディアロで行うかはまた別としても、「話す」練習を行うことは必須の入試対策です。

また
普段あまり人と喋らない、そんな内向的な性格を治したい。
かといって普段の生活で友達と喋ることもないし、もっと言うと喋りたい内容もあるわけではない。

とはいえこのままでは何となくまずい気がする…

このような考えを持っている方
またはその親御さんにも是非一度、対話式コースを考えていただきたいです。

圧倒的な刺激を与えたいならば
十代を終えようとしているこの時期が人柄に影響を及ぼす最後のチャンスかもしれません

この記事ではそんな大学受験ディアロの2つの対話式コースについて調べてました。

  1. 映像×1:1対話式トレーニングコース
  2. 総合対話式トレーニングコース

ディアロの2つの対話式コース

まず先に簡単に2つのコースのトレーニング内容をまとめます。
その後にアウトプット(対話)の説明
そしてメリット・デメリットについて吟味していきます。

映像×1:1対話式トレーニングコース

トレーニングの流れはこちらです

  1. 映像授業
  2. 課題の事前提出
  3. 課題チェック
  4. 対話問答
  5. プレゼン
  6. 計画立て
  7. 宿題

総合対話式トレーニングコース

トレーニングの流れはこちらです

  1. 映像授業・問題演習
  2. 事前提出
  3. 課題チェック
  4. 対話問答
  5. プレゼン
  6. 計画立て
  7. 宿題

対話式コースの本質を探る

まずコースの内容については
大まかに分けると以下のような3段階構造となっています。

のインプット
のアウトプット(対話)
の事後学習

のインプットでは質の高いZ会の教材を利用して効率的に学習します。
私の大好きな映像授業です。倍速での学習は正義です。

また黄の事後学習に関しても言及することは特にありません。

つまり詳しく見るべきはのアウトプット(対話)の段階です。

もっと言えば対話式コースの1番の特徴である
「プレゼンテーション」
このステップを詳しく見ることで対話式コースの全体像が見えてきます。

対話式コースのクライマックス プレゼンテーションでは何をする?

プレゼンテーションでは、事前に映像授業でインプットした知識をもとに
「解いた問題の解答の根拠「解答時の着眼点についてトレーナーに対して生徒が説明します。

間違っていても良いのです。

「なぜそう考えたのか」これを生徒自身が説明することで思考を整理するのです。

「教えるのが一番の勉強法」という言葉を聞いたことがあると思います。
まさにそれを実践するのがディアロの対話式コースだという訳です。

またプレゼンテーショを行うことで、このように学習そのものが促進されるだけでなく、
表現力やコミュニケーションといったスキルも育ちます。
対話式コースの内容はは非常にスマートな学習方法と言えるでしょう。

ディアロの対話式コース デメリットとメリット

デメリット・メリットを考えることでディアロの良さが見えてきます。

対話式コースのデメリット

対話式コースのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 本当に必要な訓練なのか分からない
  • なんだか対話式コースは嫌だ

簡単に言うと対話式コースに対して漠然とした印象しか持てず、良さがわからないことがデメリットです。

私自身の観点からデメリットを考えてみましたが、この様にほとんどありませんでした。
その証拠に大学受験ディアロの対話式コース、在籍者全員を対象に行ったアンケート(2019 12/17 ~ 2020 1/15)の結果では満足度が99.7%に達しました。

ではなぜ対話式コースにほとんどデメリットが無いのか
その理由はこの「対話」という活動、これは基本的にどんな教育の場でも行われる至って普通のことだからです。

事実コミュニケーションなしに教育を行うことは不可能です。
しかし他の塾ではコミュニケーションが定期的な面談に限られてしまったり、自分で先生に対して自発的に質問をしにいかなければならなかったりなど、その機会をもつことが疎かにされがちなのがこの「対話」なのです。

そして今、ないがしろにされがちな「対話」というものに改めて目を向けたのが大学受験ディアロなのです。

対話式コースのメリット

次にメリットを見ていきましょう。

  • 予習をサボれない環境
  • 論理的思考が嫌でも育てられる
  • 理解に輪郭がつく

予習をサボれない環境

対話式コースでは生徒が行う説明を軸にトレーニングが進みます

つまり予習をやってこないなど言語道断です。
事前学習をしてから参加しないとトレーニング自体を開始できません。

半強制的にはなってしまいますが、それでも学習に対するモチベーションを保てるのは事実です。

学習に対するモチベーションを保てなくて学習に身が入らず、
後半落ち込んで本番不合格というのは受験失敗の王道パターン。

それをカバーしてくれるモチベーションを保てる環境が対話式コースには用意されています。

論理的思考が嫌でも育てられる

対話式コースでは生徒自身が解答について説明することを求められます。

大抵の場合最初は皆さん何にもできないと思います。

しかし場数を踏み、自身で試行錯誤することで
「効果的な説明の手順」「伝える情報の抑揚の付け方」などの発話に関するスキルが嫌でも育てられます。

これがAO入試など、もっと言えばその先のプレゼンの場面で将来役立つことは目に見えています。

ちなみに個人的に「論理的思考」は頭が良いと思われるための第一条件だと思っています。
そんな論理的思考が否が応でも育つのは、他の塾では得られない大きなメリットです。

理解に輪郭がつく

「理解に輪郭がつく」とはどういうことか
これは少し学習一般についての話になってしまいます。

勉強しているとき、まだ理解しかけている段階にも関わらず
自分自身で「理解した」とジャッジして終えてしまうことがありませんか。

私自身も後ろめたさを感じながらも
「まあいいや」と理解に見切りをつけてしまったことが何度もあります。

しかし最後まで詰めずに終えてしまうと必ずどこかでボロが出ます。

ディアロの対話式コースでは生徒が説明をしなければならないので
(序盤は間違っていたとしても、対話を通して最終的には)
確実に理解しきることが可能です。

このように生徒が自分の口を使って説明をすることで問題に対する理解をぼやかさず、
はっきりと輪郭をつけることができるのです。

ディアロは入塾を1年単位で考えなくてよい

「費用」は塾を考えるにあたって非常に我々の頭を悩ませる問題です。
年間で考えたときの合計額はバカになりません。

しかしディアロの対話式コースは少し事情が違います。

結論を言うと1年間通う必要は無いわけです。

AO入試などの入試当日から逆算して必要最低限の期間だけ通えば充分です。

ディアロでは月謝という形で料金を払うのでフレキシブルに利用できます。
つまり大手予備校などで見られるような年度一括払いではないのです。

月謝制なのでフレキシブルな通い方ができる

また対話式コースの対象科目の中には小論文があります。
小論文は学習がなかなか難しい入試科目です。

そこで小論文を中心に授業を取りつつ必要に応じて英語などを取ったりします。(つまり必要最低限の科目)
そして同時にコミュニケーション練習の旨みも獲得するのです。

珍しい学習スタイルである大学受験ディアロの対話式コース…
料金形態などの特徴も含め、他の塾と同じように考えるとディアロの良さを理解できません。
紹介したような方法でうまく利用することができるのです。

無料体験・資料請求・料金問い合わせはコチラから☞“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!

塾や予備校にかかる費用は決して小さいものではありません。
資料請求や無料体験は重要な判断材料です。

特に無料体験は大切です。
同じ名前の塾でも運営している先生の方々、もっと言えば通っている生徒たちにその雰囲気は大きく左右されます。

最大限活用しましょう。何せ無料なのですから。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
2 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
trackback

[…] 大学受験ディアロ 2つの対話式コースの内容とは?ディアロの売りである… […]

trackback

[…] 大学受験ディアロ 2つの対話式コースの内容とは?大学受験ディアロで最… […]

タイトルとURLをコピーしました