商学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 商学部のアドミッションポリシーを確認しよう

商学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ &商学部の アドミッションポリシーを確認しよう 進路
この記事は約8分で読めます。

オンラインチェックを運営する
当塾 from July の合格体験談はこちら

【合格者4人!】立教大学の自由選抜入試に合格した体験談・志望理由書を公開!倍率でみる難易度も学部ごとに調査してみた!
関西学院大学の総合型選抜入試に合格した体験談・志望理由書を公開!倍率も学部ごとに調査!

志望理由書の書き方はこちら。

合格と不合格の差を、
実際の書類例を見ながら解説しています。

商学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

商学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

商学部から拓ける進路を考える際に、商学部でどのような学びを経験できるのかを知っておくべきでしょう。

「商学部での学び」と「アドミッションポリシー」を確認していきましょう。

商学部では何を学ぶのか|商学部の範疇に属すもの

  • 経営学
  • マーケティング
  • 会計
  • 金融経済学
  • 経済学
  • 保険学
  • 産業史

経営学

経営学とは企業が有するヒト・モノ・カネ・情報という経営資源をいかに効果的に配分/活用して企業を豊かにするかを考える学問となります。

経営学とは,名古屋商科大学

商学部で学べること、1つ目は経営学です。

経営学では、企業が利益を上げるために、いかに効果的な戦略を策定するか、という問題を追求します。

経営資源の効果的な配分を研究する経営学的な視点は、商学を学ぶ上では不可欠でしょう。

マーケティング

ビジネスシーンにおいて、マーケティングは「サービスの販売を促進するための活動」「市場調査をして販売方法を決める活動」という意味で説明されることが多いです。

マーケティング,MarkeTRUNK

商学部で学べること、2つ目はマーケティングです。

マーケティングには、経営学的な視点はもちろん、心理学や社会科学といった多様な学問分野の知識が関わってきます。

ビジネスを包括的に扱う商学という学問において、マーケティングは最も重要な分野の一つであると言えるでしょう。

会計学

会計とは、国や企業、個人が営む経済活動などを貨幣単位に記録・計算・整理し、管理および報告する行為のことです。

加賀谷哲之,〜この学問に注目〜会計学特集,大学Times

商学部で学べること、3つ目は会計学です。

会計学では、ビジネスにおけるお金の管理をする方法を学びます。会計の知識は、会社だけでなく、個人事業を行う方や公認会計士などの資格を目指す方にも不可欠です。

経済学

経済学は、我々を取り巻く経済の仕組みや、様々な経済活動の仕組みを研究する学問である。「様々な」経済活動とは、例えば、個々の消費者の消費行動や,、政府の景気政策、企業の利潤最大化行動や、銀行の最適な貸付け行動などである。

Wataru Shito,経済学とはどのような学問か

商学部で学べること、4つ目は経済学です。

ビジネスにおいて、経済活動や市場といった環境要因を無視することはできません。経済学もまた、ビジネスを包括的に学問する商学において重要な視点を与えてくれます。

金融経済学

金融経済学(きんゆうけいざいがく、英: financial economics)とは、金融商品の価格形成や投資家の投資行動、企業の財務調達や資本構成を分析対象とする、経済学の分野である。金融経済学は更に2つの分野に大別することができ、金融商品の価格形成や投資家行動を取り扱う資産価格理論(英: asset pricing theory)と企業の財務に関わる事柄を取り扱うコーポレートファイナンス(英: corporate finance)がある。

Weblio辞書

商学部で学べること、5つ目は金融経済学です。

金融経済学では、主に金融商品の市場や投資家の行動、また企業の財務といった、金融を研究テーマとしています。

金融経済学は経済学の一分野ではありますが、商学においても重要な学問の一つであると言えるでしょう。

保険学

また、商業学的保険学では,商人として必要な保険の知識が研究されるとともに、各種の保険を事業として経営するのに必要な知識も研究され、アクチュアリー学は後者に属するといえる。

小川浩昭,保険教育と保険学の体系 ―カリキュラムの考察―

商学部で学べること、6つ目は保険学です。

保険学とは、その名の通り保険を研究テーマとした学問です。

保険は、数学的に裏付けられた理論のもとで成り立っています。保険を扱う企業に興味を持たれている方には、保険学の知識は役立つでしょう。

産業史

産業史では、近現代経済の重要な主体である企業の行動を長期的な視点から分析するとともに、我々の生活を支える主要産業について、その生成・展開史を学んでいきます。

産業史I,法政大学シラバス

商学部で学べること、7つ目は産業史です。

産業の歴史的な知識は、現代でビジネスを志す方に重要な示唆をもたらすでしょう。

産業史という分野を通して企業の成り立ちを学ぶことで、ビジネスの本質を探ることができるでしょう。

みんなの卒論テーマでみる商学部での学び

ここまで「商学部で学ぶこと」と題して、商学部で学ぶことができる様々な分野をご紹介してきました。

それらを踏まえた上で、ここでは「日本大学」「明治大学」2校から商学部の過去の卒論テーマをいくつかご紹介します。

ぜひ、志望理由書や自己PR書類などの制作に役立ててみてください。

令和2年度 優秀卒業論文賞総評(日本大学商学部)
(テーマのみ抜粋)

・「雑誌『装苑』からみるデザイナーズブランドの身体性とその展開―1980 年代から現代まで」 

・「特殊撮影史における日本特撮の独自性」

・「持続可能な観光振興のあり方をめぐって〜新型コロナウイルス前後の比較 検討〜」 

・「地域銀行の現状と未来」

・「オンライン授業の課題とその解決策〜with コロナ時代の新しいコミュニケ ーション〜」
 
・「新卒就活市場におけるミスマッチ―RJP 理論を用いたキャリア教育の検討 ―」 

・「買い物弱者支援事業の社会的効果と経済効果の推計」 

・「日本企業のデジタルプラットフォームビジネスについての一考察」
 
・「日本金融史における特殊銀行の役割とその展望」1879-2021」

令和 2 年度 優秀卒業論文賞総評,優秀卒業論文賞選考委員会 委員長 髙井 透

ゼミ生の論文一覧 山本ゼミのテーマ 明治大学商学部
(テーマのみ一部抜粋)

・異文化経営におけるコミュニケーションの在り方 ―カルロス・ゴーンに学ぶ―

・グローバルマーケティング手法と心理学の関係性における考察 -消費者の心を掴むマーケティングとは-

・日本企業の国際化 現地での経営方式

・白洲次郎に学ぶ交渉におけるビジネススキル

・国際ビジネス交渉への応用 -宮本武蔵の『五輪書』に学ぶ-

・グローバル化における日本企業の戦略的課題―外国人社員との協働の促進―

・FTA締結後の日系物流企業の国際戦略

・日本企業における対中ビジネス交渉での問題点と対策

・日本企業における人材の現地化の必要性と戦略提案

・韓・日FTA締結の展望に関する考察

・女性のエンパワーメントによるジェンダー平等の提案

・国際ビジネス交渉-日本とアメリカの価値観の比較-

・日米の国際ビジネス交渉比較と手法に関する考察と提案

・国際ビジネス交渉と日本の学校教育についての一考察

・日本人のこれからの中国人とのかかわり方

・企業が果たすべき「社会的責任」とは-非正規雇用の観点から-

・中小企業問題と中小企業政策の関係に関する一考察

・日本農業の政策目標としての食料自給率の有効性

・ドコモ・ソフトバンクの今後のグローバル戦略

・日本半導体産業の国際競争力弱体化とコスト問題

ゼミ生の論文一覧,山本ゼミのテーマ,明治大学商学部

商学部の卒業論文では、企業経営や、交渉をはじめとしたコミュニケーションを題材としたものが多く見られます。

商学部は経営学部とよく比較されますが、卒業論文のテーマに表れている両者の違いとして、商学部の方が「マーケティング」「コミュニケーション」に注目した題材が比較的多い一方で、「組織マネジメント」「キャリア形成」といったカテゴリの題材は経営学部に比べて少ないように見受けられます。

卒業論文のテーマをみると、商学部で実際にどのような学びや研究が行われているのかを具体的にイメージできるようになるでしょう。

自分が志望する大学の卒業論文のテーマを調べることは、志望理由書や自己PR書類の制作において必要不可欠なリサーチの一つです。ぜひ、志望する大学のホームページを調べてみてください。

商学部では何を学ぶのか|早稲田大学のアドミッションポリシーとまとめ

商学部では何を学ぶのか|早稲田大学のアドミッションポリシーとまとめ

早稲田大学 商学部のアドミッションポリシー

国際感覚・倫理観を兼ね備えた企 (起)業家精神を養い、深い学識と教養に裏付けられた実業家を目指し、ビジネスリーダーとして地球社会に貢献しようと志す学生を受け入れたいと考えている。

教育理念,早稲田大学 商学部

上記の早稲田大学のアドミッションポリシーからもわかる様に、商学部は、

深い教養と倫理観をもち、起業家精神を養って、地に足着いたビジネスを通して社会に貢献したいと考えている人を期待しています。

商学部では何を学ぶのか|まとめ

ここまで、商学部で学ぶことができる分野をご紹介してきました。

商学は、利潤の追求を主な目的としつつ、そのプロセスの中で避けては通れない多様な分野を学際的に学ぶことができる、非常に魅力的な学問です。

商学部を総合選抜や推薦入試で受ける方におすすめなのがオンラインチェックです。

総合選抜型入試を受ける方におすすめ!

総合選抜(旧AO)や推薦入試の出願書類や小論文で悩んでいる方に。

オンラインチェックは
いつでも簡単に添削が受けられるサービスです。

オンラインチェックでは現在、
初回利用者限定のおトクな割引キャンペーンを実施中です。

オンラインチェック
添削利用者の声をみる

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました