プロモーション

経営学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 経営学部のアドミッションポリシーを確認しよう

経営学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ & 経営学部のアドミッションポリシーを確認しよう 総合選抜型入試(旧AO)
この記事は約5分で読めます。
プロモーション

プロモーション

経営学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

経営学部では何を学ぶ?学べる分野をリストアップ

経営学部から拓ける進路を考える際に、経営学部でどのような学びを経験できるのかを知っておくべきです。

「経営学部での学び」と「アドミッションポリシー」を確認していきましょう。

経営学部では何を学ぶのか|経営学部の範疇に属すもの

  • 会計学
  • 経営戦略論
  • 人的資源論
  • マーケティング論
  • 会社法
  • 経済学
  • ファイナンス論

会計学

会計とは、国や企業、個人が営む経済活動などを貨幣単位に記録・計算・整理し、管理および報告する行為のことです。

加賀谷哲之,〜この学問に注目〜会計学特集,大学Times

会計を学ぶことで、企業や政府、地方自治体の財政状況を理解できるようになります。

それだけでなく、会計学の知識は、経営戦略の策定とも非常に密接な関わりがあります。

経営戦略論

一口に経営戦略論といっても一様ではない。時代背景や社会環境により、あるいは研究者の考え方や信念などが強く反映されることで、今日までに多様な理論モデルが提起されてきた。これまでのところ、その主流は経済学をベースにした戦略理論である。

野中郁次郎全図解!世界の「経営戦略論」30年のトレンド,PRESIDENT Online

経営戦略論では、その企業が、市場でいかに上手く立ち回れるかを追求します。

企業や市場の特徴を踏まえた上で、ベターな意思決定を探るのが経営戦略の目的です。

人的資源論

人的資源管理とは、組織の目的を達成するために、経営資源の1つである人的資源を活用する制度を設計し、運用すること。戦略の実行を成功させるポイントは、日々の活動においてマネジャーが組織構成員を組織の掲げる目標へ向かって、いかに活動させるかということである。

人的資源管理とは・意味,グロービス経営大学院

経営戦略の中でも、特に人的資源に注目し、その管理・運用の方法を研究するのが人的資源論です。

組織の統率や、個人のモチベーション維持など、経営における人々の扱いを学ぶことができます。

マーケティング論

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

マーケティング,Wikipedia

マーケティング論では、いかに顧客が求める商品やサービスを届けられるか、

そして、いかに企業が効果的に利益をあげられるかを追求します。

会社法

会社法(平成17年法律第86号)は、会社の設立から解散の手続き、組織運営や資金調達、組織再編の手続きなど、会社運営のあらゆる場面を法律にまとめたものであり、会社経営に関するもっとも基本的なルールといえます。

会社法とは?経営者が知っておきたい会社法とM&A,fundbook

会社法を学ぶことで得られる知識は、会社運営そのものに役立つだけでなく、

日本社会に存在する、会社の構造や諸活動を理解することにも役立ちます。

会社法は、経営に関わる方だけでなく、その他の会社に所属する方にとっても有用な知識となる。

経済学

経済学は、我々を取り巻く経済の仕組みや、様々な経済活動の仕組みを研究する学問である。「様々な」経済活動とは、例えば、個々の消費者の消費行動や,、政府の景気政策、企業の利潤最大化行動や、銀行の最適な貸付け行動などである。

Wataru Shito,経済学とはどのような学問か

会社は、社会の経済活動の範疇でしか意思決定や活動を行えません。

その意味で、経済について学ぶことは経営学において不可欠でしょう。

ファイナンス論

ファイナンスとは、一般的には日本語で資金や財政、金融などと訳されます。そして企業経営を考えた上でのファイナンスという意味に決まった定義はありませんが、おおむね「お金の流れの管理」というような意味で使用されます。この「お金の流れの管理」は売上などの本業に関するものだけではなく、例えば投資や一時的な支出なども含まれます。会社を経営していく上での「すべてのお金の流れの管理」を行うのがファイナンスです。

ファイナンス論とは,経営を学〜経営学・MBA・起業〜

ファイナンス論では、経営に関わる、投資をはじめとした金融活動、また企業の財政状態の管理を研究テーマとしています。

会計学が財政の記録・管理といった過去の活動を主な対象としているのに対し、

ファイナンス論では将来的な金融・財政活動にも焦点を当てていると言えるでしょう。

経営学部では何を学ぶのか|明治大学のアドミッションポリシーとまとめ

経営学部では何を学ぶのか|明治大学のアドミッションポリシーとまとめ

明治大学 経営学部のアドミッションポリシー

経営学部が目指すべき人材像は2つあります。複眼的視点をもって,ローカルからグローバル,営利から非営利にわたる幅広い経営課題を発見・解決する「グローバル経営人材」と,新しいビジネス環境を開拓するだけではなく,日常業務にも価値を見いだし,組織体をリードできる「価値創造人材」です。そのため,経営学部では,次のような入学志願者を求めています。

(1) 高い外国語能力を獲得してグローバル社会で活躍したい者 
(2) 新しい価値の創造に挑戦したい者 
(3) 持続可能な経営に興味を持ち,組織体が抱える問題の解決に挑戦したい者 


経営学部入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー),明治大学

上記の明治大学のアドミッションポリシーからもわかる様に、経営学部は、

問題解決能力や、小さなことに価値を見出せる想像ないし創造力、人や組織をマネジメントするための洞察力や決断力など、総合的な力をもつ人を期待しています。

経営学部では何を学ぶのか|まとめ

ここまで、経営学部で学ぶことができる分野をご紹介してきました。

経営学は、経済や法律など数式や言語で説明可能な分野から、心理や経営哲学などの具現化しづらい分野まで、幅広い範囲に渡って学ぶことができる非常に魅力的な学問です。

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました