プロモーション

世界史 通史のやり方

世界史通史
この記事は約8分で読めます。
プロモーション

先に内容を少しお見せします

通史のやり方

  1. 世界史スタンダードレベル 全25講義(当時)を毎日1つ進める
  2. 資料集を開いて聞く
  3. 指定教材があれば教材に鉛筆ぐりぐり、教材が無ければ(好ましくないが)ノートをとる
  4. 視聴後、教材やノートを見ながら全ての用語や人物を説明してみる
  5. 前日、前々日に見た動画を改めて視聴してから新しいものを一つ見る

さて

他の記事でもお話ししましたが、私が世界史の勉強を始めたのは7月の半ばです

5月末の定期テストでは全てササン朝と書きましたが、結果正答にササン朝は無く13点でした

そんな私でしたが冬には慶應法の過去問で6割、センター本番では95点を取りました

もちろんもっと高い点数を取れる方は沢山いるでしょう

しかしここでのポイントは点数ではなく勉強期間です

センター本番で95点とは言いましたが、10月あたりには既にセンター過去問で9割を超えていました

つまり知識ゼロから約3カ月でセンター9割まで到達したのです

しかもこれはセンター対策をしての結果ではなく世界史の勉強をしての結果です

このあたりの言葉遣いは受験勉強において肝なのですが、ここでの詳しい話は避けます

そしてこの速さを実現するにあたって一番重要なのが「通史」です

世界史を早く完成させるには通史が重要

というわけでこの記事では通史を効率よく行う方法と具体的な勉強法をお話しします

まだ読んでいない方はこちらを先にお読みください

プロモーション

世界史 通史のやり方 講義動画で周りをごぼう抜き

まずは通史を行うときのコツについてお話しします

世界史の通史に費やす時間は1か月もあれば十分です

もっと言ってしまうと1か月以上かけてはいけません

皆さんは歴史を知ることを楽しむのではなく、歴史をなるだけ覚えてテストを解かなければならないのです

つまり全体を通しての世界史の勉強スケジュールにおいて最も時間を割くべきは知識の定着です

だからできるだけ時間をかけずに通史を終わらせなければなりません

時間をかけずに物事を終わらせるには効率よく進めることが第一条件です

通史の効率を上げるコツは見て聞くこと

では世界史の通史を効率よく終わらせるためのコツはなにか

それは「見て聞く」ことです

つまりどういうことか

見るとは教科書や参考書、資料集などを読むことです

聞くとはyoutube、もしくはスタディサプリなどの講義動画を聞く(これらは見るも兼ねる)

要は人間が情報を取り入れるために存在する器官をできるだけ多く使うのです

入口が1つより2つのほうが効率よく大勢の人が中に入ることができます

まさにこれです

だから本当は歴史に味があれば食べたいくらいなのです

それくらい感覚をフルに使って情報を吸収します

そして見ると聞くどちらがより効率よく情報を取り入れられるかというと

それは圧倒的に聞くの講義動画です

その理由は3つあります

  1. それらの講義動画は見るも兼ねている
  2. 倍速での視聴が可能
  3. 話し方などの印象が世界史の知識と結びつく

順番に解説していきます

それらの講義動画は見るも兼ねている

講義動画は落語のように話すだけではありません

黒板にかかれた文や図、年表などをフル活用してその道のプロが内容を凝縮して講義を行ってくださいます

最早これ以上の説明は要らないと思いますがもう少し説明します

これらの講義には私たちの感覚を刺激するものに溢れている上に、内容がこれ以上ないほどまとまっているのです

そして人が話すことを通してインプットすることの大きなメリットとしては喋りの抑揚です

教科書を読むとしましょう

太字で重要語がハイライトされてはいるものの、やはり結局は全ての文を読むことになります

このように読む作業には緩急をつけづらいのです

その一方で講義動画は人の話、ましてやプロ講師の話です

話に緩急が付いており非常になめらかに頭に入ってきます

文字を読むより話を聞いたほうが効率よくインプットできるのです

図や表、喋りの抑揚などで情報に緩急が付く

倍速での視聴が可能

少し表現が荒っぽくなってしまいますがこの機能がマジで神です

先ほどの説明の通りそもそもの効率が良い講義動画をさらに短時間で視聴できるのです

皆さんは日本語ネイティブだと思います。2倍速でいけます。

もうこのあたりで気づいたはずです

講義動画を見る方が教科書を回すより何倍も効率がいいのです

倍速は正義

話し方などの印象が世界史の知識と結びつく

先ほどお話したことと若干重なる部分はありますが

何度も言いますが講師の皆さんは教えるプロです

ポイントを押さえて、わかりやすいで、時には身振り手振りを使ってお話ししてくださいます

講義を何度も見るうちに

「あ、これあの先生言ってたな」という知識が増えていきます

通史においてやることは知ることだったはずなのについでに覚えることまでできてしまうのです

しかも無意識のうちに

必死になって歴史を暗記するのも良いですが

こういった印象深いことは覚えちゃうという人間の性質も利用してみてはいかがでしょうか

無意識のうちに覚えられることが非常に多い

世界史 通史のやり方 具体的な勉強方法

さてここからは具体的な勉強方法をお話しします

この方法で通史を行えば一カ月かからずに終わらせることができます

*注意 この方法は実際に私が行った方法なのでスタディサプリ基準での話となります。皆さんの利用している、または利用する予定の講義を一カ月で視聴しきれるように計算して行ってください

通史の勉強方法

  1. 世界史スタンダードレベル 全25講義(当時)を毎日1つ進める
  2. 資料集を開いて聞く
  3. 指定教材があれば教材に鉛筆ぐりぐり、教材が無ければ(好ましくないが)ノートをとる
  4. 視聴後、教材やノートを見ながら全ての用語や人物を説明してみる
  5. 前日、前々日に見た動画を改めて視聴してから新しいものを一つ見る

これが私の実際のやり方です

解説していきます

世界史スタンダードレベル 全25講義(当時)を毎日1つ進める

各一時間ほどのこれらの動画を見るだけで通史なんですから早いですよね

初見の動画は1.25倍速もしくは1.5倍速で見ます

一時間足らずで一つ終わるのでホントに負担が軽いです

資料集を開いて聞く

資料集に目を通しながら講義を聞くと理解しやすいです

しかも「見る」ものが増えるのでより多くのことを「知る」ことができます

そして聞き方ですがここに非常に重要なアドバイスが一つあります

それはリアクションを取ることです

なぜリアクションが大事なのか、それは印象付けることで得た知識を抜けにくくできるからです

通史の段階では無理に覚えようとしなくてよいと述べました

しかしリアクションをすることで無理にではなく楽に知識を定着させられます

リアクションとは具体的に何をするのか

用語や人物名をわざとらしく復唱するのです

用語や人物名をわざとらしく復唱しよう

どういうことかというと

「〇〇で○○したそれがかの有名なアレクサンドロス大王です」

というような先生の言葉があったとします

これを聞いたあなたは

「マジかー〇〇で○○したのはあのアレクサンドロス大王なのかーそうかーアレクサンドロス大王かーそっかー〇〇で○○しちゃったかー大王さん」

と言うのです。

私は言っていました。ときには椅子から転げ落ちました。ときには家中走り回りました。

このようにリアクションをとることで自分に印象付けるのです

馬鹿らしいようですがこの方法は馬鹿にできません。ホントに覚えられます

制限時間内にどれだけリアクションを取れるかが知識定着につながる

指定教材があれば教材に鉛筆ぐりぐり、教材が無ければ(好ましくないが)ノートをとる

こちらもある意味ではリアクションです

グリグリ書くという行動が大事なのです

言葉や説明を言いながらやるとなお良しです

なぜノート作りが好ましくないか

そしてノートをとる作業がなぜ好ましくないかについて説明します

結論から言うとノート制作に時間を取られるからです

講義動画を通史に使うメリットはその速さにあります

それをノート制作に台無しにされてはいけません

ノートをとるにしても先生が言っただけで黒板に書いていない情報だけ書くなど

時間を取られないノート制作にしましょう

ノートのために動画を止めるなどは言語道断です

ノートを書くよりは自分でリアクションし、喋って喋って喋りまくるべきです

ノートよりリアクション

視聴後、教材やノートを見ながら全ての用語や人物を説明してみる

これには5分もかけませんホントに軽いおさらい程度の作業です

思い出せなくてもその日は終わりにして結構です。明日も明後日もその動画を見ますから

説明できなくても明日も明後日も同じ動画を見るから大丈夫

前日、前々日に見た動画を改めて視聴してから新しいものを一つ見る

つまりは一日に3本の講義を視聴します

二回目以降の視聴は1.5倍速もしくは1.75倍速で見ましょう

1日に3本の講義動画を視聴、何度も見て穴を無くす

通史を終えたら何かを解いてみよう

この方法で一通り通史を終えたところでセンターの過去問でも1つ解いてみてください

もちろん高得点は取れないでしょう

それでもほとんど全て聞いたこと、見たことがある言葉になっているはずです

そうなっていれば通史はバッチリです

あとは知識の定着、つまり歴史の勉強のメインの段階に入れます

世界史に限らず圧倒的に私のおススメであるスタディサプリはこちら↓↓

4
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました